さぶろく掲示板

12662
名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

偽一大秘法も、真っ赤な大嘘六大秘法も - 祈平癒 (男性)

2015/02/28 (Sat) 21:24:38

ヒューレボさん。こんばんは!
以前に(2008年)掲示したものを再掲示いたします。
「安心を企てよ」時代も、「正しい一大秘法」の立場からしか、一切を説いていませんでしたので、迷うことのないように。もちろん不気味な「六大秘法」なんて馬鹿げた「嘘」の立場も一切用いてはおりません。まだ腰を抜かすような★「真っ赤な、とんでもない大嘘」★が学会教学には残っておりますので、それには惑わされないように。
「ただ心こそ大切なれ!」。仏の「ただ」には甚深の義があります。軽んじることのないように。                          ・・・・では!




もくれん(大河)さん、こんばんは。「祈平癒」です。

●さて話題の「2002年発行 書籍「教学の基礎」創価学会教学部編 聖教新聞社発行」ですが、先日、取り寄せで手元に届きました。

★★★いやぁ、偽一大秘法も、真っ赤な大嘘六大秘法も載っていますね。
全くの「事実誤認」でした。面目ない。

私は「随分と遠い未来の教学書」で確認してしまっていたようですねぇ♪

・・・・で、この「2002年発行 書籍「教学の基礎」創価学会教学部編 聖教新聞社発行」ですが、

これは実に危険な「教学書」です。「猛毒」が入っております。
もちろん私の判定は「仏法」の「物差し」に拠ります。「御書根本」ということです。

●その「猛毒」の名前は「天台沙門」です。ご注意ありますように。

では!

Re: 偽一大秘法も、真っ赤な大嘘六大秘法も - レオ (?)

2015/03/16 (Mon) 12:17:19

祈平癒さん、お久し振りです。
ヒューレボ改めレオです。

何を仰りたいのかがよく分らないので、もうすこし具体的・明瞭に書いて頂けますか。

Re: 偽一大秘法も、真っ赤な大嘘六大秘法も - 祈平癒 (男性)

2015/03/18 (Wed) 20:19:49

昨年の末と、一月末に、創価学会の教義の変更が、発表され、日寛上人の立てた「偽一大秘法」と「真っ赤な大嘘 六大秘法」を、今後は用いない旨が発表されました。創価学会の教義から削除するということです。

これまでは「日顕宗」との決別でしたが、いよいよ「日蓮正宗」そのものとの決別ということになります。

●具体的には、「本尊(漫荼羅)一大秘法」論と「人本尊、法本尊、行の題目、信の題目、理の戒壇、事の戒壇」・・・・といった???な「教義」は、「創価学会の教義」から無くなるわけです。

これは様々に、繋がっているので、相当な書き換えがこの後、行われるでしょうが、「御書」根本で無く、「教学書」根本で学んできた人達は、今、相当混乱を起こしているようです。

これまで、やれ「人本尊」だの「行の題目」だのと訳の判らないことを説いてきたのが「誤り」になったわけですから、困るし、混乱もするでしょう。偉そうに、そういうことを説いてきた人達は立場がなくなってしまう。

●ただ、ヒューレボさんに於かれましては「幸せの架け橋」時代の発言は、根本を「信心」に定めた発言ばかりでしたので、解釈上の問題はないということです。

■【菩提の因は復無量なりと雖も若し信心を説けば則ち已に摂尽す】(法華経題目抄) P.940
・・・・「御書」根本では、当然の道理ですね。「信心に摂尽す」だから「一念三千」なんです。それが「漫荼羅」に摂尽したら「一物三千」の奇怪な宇宙になってしまう。

(追記)
私としましては2008年の「幸せの架け橋」で書いた「未来の教学書」が、7年後にようやく現実になりはじめたわけで、当時は、一々の説明はせず、皆さんの受け留めにお任せして、多くを書きませんでしたが、一往の決着をみたということです。

また、混乱の中で、中途半端に「幸せの架け橋」は終了した感がありましたが、結局、ヒューレボさんの★「心」主義の立場★が正義だったということではないでしょうか?

いつも言うことですが、★★「ただ「心」こそ大切なれ」★★を根本に、これからも「信仰の道」を歩んでまいりましょう。

(追記2)
いやぁ、「安心を企てよ」から、早10年。早すぎですねぇ~~!
皆さん、元気かなぁ? 左門さん、観心さん、求道者さん、太ちゃん、ミワさん・・・・皆々様に、ご多幸ありますように。


Re: 偽一大秘法も、真っ赤な大嘘六大秘法も - レオ (男性)

2015/03/24 (Tue) 00:23:30

祈平癒さん、再度のご説明有難うございました。
仰る意味がだいぶ理解できてきました。

2008年という早い時点で、すでに今日の動きを予測されていたのですね。
教学部の上級資格かつ意識の高い人であれば、薄々は予感していた人が多くても、不思議ではないかもしれませんね。

まず初めに、私への過分な理解と配慮に感謝致します。
その上で、問題となる日寛上人の教義を大嘘と断定し、まるで日寛上人が極悪の所行をしたかのような表現は行き過ぎではないかと、私は思います。

あくまで広宣流布破壊、破和合僧という大謗法・極悪事を犯したのは日顕宗及びそれに追随した宗門であって、日寛上人の解釈自体には元々悪意など微塵もあるはずもないです。
日顕や日蓮正宗が、教義解釈と(長い年月を経ての)現状との乖離【かいり】の隙に乗じて、解釈を悪用したというのが実態だと思います。

世界で唯一の広宣流布の団体・創価学会と、その学会を破壊しようと企てた日顕宗・宗門との違いを鮮明にし明確に立て分け、正邪・善悪をハッキリさせるには、今回の教義解釈変更は必要不可欠であったのです。
この変更により、どれだけ全ての会員がスッキリとした信心に立ち返ることができたか、学会を護りさらなる発展への布石となるかは、非常に大きな意義があります。

ご紹介の法華経題目抄の涅槃経の文は、「信」こそ仏道修行の始まりであり根本であるとの仰せですね。
何事であれ、今回の会則変更等にしても初めから、「信ずる目」で見るのか、反対に「疑いの目」で見るのか、の違いは大きな軌道の差、着地点の差となって表れてしまいます。
御本尊根本・御書根本とともに、創価三代の師弟なかんずく池田先生への信、唯一の和合僧団である学会への信、を揺るがせては決してならないのですね。

「安心を企てよ」からはや十年ですか、私も50代の大台に乗りましたが、本当に早いものです(汗)
懐かしいメンバーの方々は、いまは何をされているのでしょうね。

創価大学:池田記念講堂 - 河越武蔵守頼重 (男性)

2012/05/15 (Tue) 14:51:47

今月の4日に、法華経-平和と共生のメッセージ展
そして、東京富士美術館の北京故宮博物院展
を見学に行った時に撮影致しました。

Re: 創価大学:池田記念講堂 - レオ (男性)

2012/05/15 (Tue) 17:43:37

河越武蔵守頼重さん、こんにちは。
このHNは実在の武将か誰かですか。

展示はどちらも余りにも素晴らしいとの評判を聞いています。
でも、残念ながら、どちらも私は見ていません。

創大の池田記念講堂は何度も行きましたよ~
しばらく行ってないので懐かしいです。
写真を有難うございました。

無題 - sue (男性)

2012/04/21 (Sat) 07:26:48

2w前の桜です

Re: 無題 - レオ (男性)

2012/05/15 (Tue) 17:39:13

sueさん、いつもお世話になってます。
こちらへもお越しようこそ。

写真を投稿頂いたようですが、表示されませんね。
なにか操作ミスしていませんか?

お久しぶりです 観心 (女性)

2012/04/01 (Sun) 13:30:46

お元気ですか。
昔、『安心を企てよ』てサイトで観心のHNで
よく書き込みをしていました。

自分のサイト『観心のカオスな日々』を閉鎖してから
あれ?どうなってるかな?と思ったらここにたどりつきました。

お元気です~? みなさんどうしてるんだろうか?

お健やかにお過ごしください。

Re: お久しぶりです - レオ (男性)

2012/05/15 (Tue) 17:36:48

観心さん、お久し振りです。
お元気でしたか~。

投稿あったことを見逃してまして、返信が遅れてスミマセン。

いろいろとネットで対話しましたね、懐かしいです。
もうあれから何年経ちましたかね。

(管理者の承認待ち) -  (?)

2012/05/15 (Tue) 14:46:13

この投稿は管理者の承認待ちです

祝:創立記念日 - 速水長三郎 (?)

2011/11/19 (Sat) 21:22:13

1日遅れですいません。

創立記念日、真におめでとう御座います。

それと、牧口先生の御命日でしたね。

Re: 祝:創立記念日 - レオ (男性)

2011/11/29 (Tue) 00:19:59

遅いレスでスミマセン。
創立記念日おめでとうございました。

牧口先生の創立と殉教の戦いが源流となり因となって、今日の世界広布の進展を開くことができたのですね。

次元は違いますが、自己の信心の原点に、今一度立ち返って、勇気ある信心で進んでいきます。

祝:男子部結成60周年 - 速水長三郎 (男性)

2011/07/13 (Wed) 19:09:18

7・11男子部結成60周年、真におめでとう御座いました!
男子部卒業された諸先輩方、本当に御苦労様でした!

Re: 祝:男子部結成60周年 - 速水長三郎 (男性)

2011/07/26 (Tue) 23:00:41

と言う、私も壮年部行きに成りそうです。(;^_^ A フキフキ

Re: 祝:男子部結成60周年 - レオ (男性)

2011/07/26 (Tue) 23:44:16

結成60周年の佳節をお祝いする戦い、誠にご苦労様でした。
速水長三郎さんもいよいよ男子部卒業ですか。

ここまでの長い戦いお疲れ様でした。
壮年部へ移行しても、いよいよ壮【さか】んなる意気で、広布のロマンに生ききっていきましょう。

壮年部移行しました - 速水長三郎 (男性)

2011/08/30 (Tue) 23:18:12

我が町川越の風景です。
中心地には「時の鐘」が有ります。
小江戸と言われる位、蔵の町並みが一段と冴えてます。

Re: 祝:男子部結成60周年 - レオ (男性)

2011/11/29 (Tue) 00:08:49

遅いレス、誠にスミマセン。
歴史が息づく、素晴らしい街並みですね。
写真、有難うございました。

東日本大震災に際して・・・ - 速水長三郎 (?)

2011/04/16 (Sat) 17:56:35

この度は、東日本大震災に際して
被災にあわられた方に対して御見舞い申し上げますとともに
被災で亡くなられた方の御冥福を御祈り申し上げます。

未曾有の震災ですが、全国、全世界の同志皆様の
力を一丸として乗り越えて参りましょう!

Re: 東日本大震災に際して・・・ - レオ (男性)

2011/06/03 (Fri) 23:18:46

ヒューレボ改めレオです。
速水さん、返信が遅れてスミマセン。

犠牲者に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災者の方々にお見舞いを申し上げます。

速水さんが仰る通り、今こそ異体同心の金剛の団結ですね。
お互いに、題目と折伏の渦を巻き起こして参りましょう。

こんにちは - 晋之介 (男性)  URL

2009/12/28 (Mon) 15:18:40

うぉぉ 画像が入るんですね i_P_357_P_
写真は、名古屋の 中部池田記念会館と名古屋城の一部です

Re: こんにちは - ヒューレボ (男性)

2009/12/30 (Wed) 00:38:25

晋之介さん、ご投稿ありがとうございます。
私も幼少の頃、春日井市に数年居ました。

ところで名古屋城と会館は、写真のように近くに建っているのですか。
予想外で1つ驚きました。

名古屋 - 晋之介 (男性)  URL

2010/01/09 (Sat) 19:32:29

v_P_4_P_ はい、お堀のすぐ北側にあります!

http://sincirely201053.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post.html

記事、書きました。よろしくお願いいたします

おひさしぶりです!! - 「ひでかず」改め「速水長三郎」 (男性)

2010/05/31 (Mon) 14:42:30

わぁ~普之介さんだぁ。(・´ω`・)

管理人さん、皆様、お久しぶりで御座います!!
以前来させていただいてた「ひでかず」です。
あれから、母を亡くし以前の家は引き払い
転居して生活してます。

また、来させて頂きますので宜しく御願い致します。(゜゜)(。。)ペコリ

お悔やみ申し上げます - ヒューレボ (男性)

2010/06/15 (Tue) 00:56:57

「ひでかず」改め「速水長三郎」さん、遅レス失礼します。

お母様のこと心よりお悔やみ申し上げます。
ご遺族が幸福になることが、何よりの供養です。
お互いに悔いなき戦いをして行きましょう。

新居の住み心地はいかがですか。
慣れないことも多いでしょうが、すべてを境涯革命の糧にして行かれるようお祈り致します。
今後ともよろしくお願いします。

祝・創価学会創立80周年 - 速水長三郎 (?)

2010/11/18 (Thu) 19:27:32

創価学会創立80周年おめでとう御座います!
新た成る、100周年に向け広布の拡大に邁進して参りましょう!

速水長三郎 様 - ヒューレボ (男性)

2010/12/07 (Tue) 11:42:03

速水さん、闘志みなぎるご挨拶を頂き大変に嬉しいです。
100周年を勝って迎えましょう!

大雪 №1 - ヒューレボ (男性)

2009/02/22 (Sun) 15:22:17

北海道内でも例年、雪は少ない所ですが、珍しくヒドイ雪でした。
団地の方々が総出で苦心して除雪された後の様子です。

大雪 №2 - ヒューレボ (男性)

2009/02/22 (Sun) 15:24:21

道路脇の雪の高さが、かなり高いです。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.